novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き 詳しくはプロフィールにて Visit my profile for more information http://novel-99.at.webry.info/profile.html

スタバ チキン&トマトモッツァレラデニッシュ

スターバックスコーヒーのフードのレビューです。
一昨年あたりから登場しているデニッシュの新顔です。
といっても、もう発売されて1ヶ月以上経ちますけど。
スタアバックスコーヒーのレトロメニューが増えたので、消える前にレビューです。

画像
デニッシュは変わらずサクサクです。
トマトとチーズの相性は食べる前から分かるように抜群です。
ヒーティングしてもらうととろーりしていてホクホクです。
トマトソースとバジルペーストでチキンが和えられているので、赤と緑が彩りを楽しめるようにもなっています。
チェーリートマトの酸味もばっちりです。
画像
320円です。小腹が空いたらちょうどいい具合のフードです。
画像

スタアバックス珈琲 プリンアラモードフラペチーノ

スタアバックス珈琲として、レトロ雰囲気なキャンペーンをやっているスターバックスコーヒー。
その中でフラペチーノも当然おニューなものが登場しております。

画像
価格は620円と少しお高め。リワードチケットお持ちの方は使ってもいいかもしれません。
プリン好きの私としては、とっても美味しくいただきました。
飲むプリンです。うん。その言葉が最適。
ベース部分はプリンを柔らかくした感じ。ほんのりビターなカラメルソースが底にあるので、かき混ぜると、あのプリンです。
ゼリーも混ざっていまして、マンゴーと林檎とスロベリーの果肉が入っているフルーツミックス的なつるんとした美味しさ。
最初はかき混ぜず、ストローを上下にしてプリン感を楽しみ。
真ん中くらいからホイップクリームもまぜまぜして、美味しく頂いちゃってください。
ちなみにトレードマークの真っ赤なチェリーですが、私は最初にいただきました。みなさんはいつ食べますかね?
画像
カスタマイズとしては、ショットを追加してもいいかもしれないですね。パートーナーさんの看板でもオススメされていました。

ではでは

セブンイレブンのコーヒーが自動認識になっていた進化してる!

あまりコンビニ珈琲飲まないのですが、たまたまセブンイレブンのアイスコーヒーを飲む機会があったのですが、機会が進化してました。
セブンイレブンのコーヒーは昔はレギュラーのRボタンとLサイズのLボタンが配置されただけのUIシンプル設計でした。

しかし、そのUIがお年寄りや子供には逆に分かりづらいから、店員が後から追加したテプラばかりの機器が話題でした。

今の機器はボタンレスでタッチパネル。
しかも大きさと種類(カフェラテかブラックか)も判別してしまうものに変わってました。

画像
入れてタッチパネルの自動認識されたものを確認しては入れるボタンを押すだけ!
画像

これいつからなんでしょね。驚きました

スタアバックス ホットサンド ミートソース

スターバックスコーヒーが一時的にスタアバックス珈琲として、昭和(もしかして平成初期かもしれない)の喫茶店のイメージでいくつかの商品をリニューアル。

画像
もちろん名前だけ変えたものやホイップクリームトッピングしてウィンナーコーヒーと称したりしているものもありますが、トータル的にオールド喫茶店のイメージ満載です。
ホットサンドイッチが2種類追加されています。
ホットサンドミートソース と ホットサンド ハムエッグです。
画像
まずはミートソースの方から頂きました。ブレッドは石窯焼きのいつものやつですね。ミートソースをベースに、マッシュポテト、チェダーチーズをサンドしてあります。やや粗挽きのひき肉が食感のアクセントになっています。
ミートソースもしっかり煮込まれている感がある一体感。

スタバ ナッツ&キャラメルチーズケーキレビュー

画像
スターバックスコーヒーのフードのレビューをしています。
今回は、ナッツ&キャラメルチーズケーキです。
画像
上にはクルミとアーモンドが荒く砕いてありまして、ベースのチーズケーキも、定番の普通のチーズケーキよりもなんか軽めの感じでした。レーズンも入っているとのことですが、あまりレーズン感を感じませんでした。後で商品説明を読んで知りましたw
パートーナーさんはTOKYOローストあたりのコーヒーと合いますよと仰っていました。

ひっそりこの季節に発売されていて見逃してしまいそうでしたが、
定番のケーキに飽きたら頼んでみてはいかがでしょうか?

心拍数沼のはじまり、比べてみた iOSヘルスケアとWithings Heakth Mate を比較

ライフログの沼にはまって数年間。
SWR12が心拍数を測れるようになったのが、2015年。
Ticwatchなどでも取れたけれど取っていなかった。

変化を感じたのが、SWR12をiPhoneのペアにした時に iOSのヘルスケアアプリで心拍数を本格的に記録するようにしたこと。
SWR12の電池が保たないことから Withings Steel HR Sport を購入するがヘルスケアにデータを渡すことができなくて、結局気絶して apple watch3 を購入していたのが1ヶ月前。
Withings Steel HR Sport はAndroid機であるGoole Pixel3のお供になったのですが、常時心拍を計っていても電池が驚異的に保つので、計測モードは切らなかった。
ということで、

Withings Steel HR Sport のHealth Mate というアプリでの心拍数データと
SWR12 + apple watch3 のヘルスケアアプリでの心拍数データを比べてみた。

画像
前者は、取得したデータを曲線にして表示していて、薄く表示の領域もあり、それが少し外れた点ということになるようだ。大まかに心拍数の上下を知るにはこっちが適しているように見える。

後者は、iOSのヘルスケアアプリでまとめられたデータ。
夜寝ている間はapple watch は充電していて、SONY SWR12を心拍数計として使っている。起きたと同時に apple watchを装着して、SWR12を充電するスタイル。
その時間帯の最大点と最小点を線で繋いで表していて、心拍数の変化具合が分かる。

縦軸心拍数、横軸時間で重ねてみた。
だいたい同じになってどちらも正確に心拍数を取っているように思われる。
睡眠時は安定していて、心拍数の上下も低い。
起きると心拍数が跳ね上がり、昼から夕方にかけて心拍数が上下する。
ちょうどこの日の最大値の時間もだいたい同じ。
ヘルスケアの方が低い値を取っている時間帯もあるが、Health Mate の方も薄い青で低い部分も表現していることを見ると、50付近は少し低すぎるがあながち間違いではなさそうな気がする。

全体を俯瞰しても、だいたい似た結果になったので、少し安心。

運動もしないのに心拍数を計測するのに意味があるのかどうかは、横に置いておいて、なんか意味が出てくるかもしれないのでしばらく計測してデータをクラウドにあげ続けるのであった。まる。

apple watchにSuicaを追加しよう iPhone SEでもね

自分のiPhoneは SE なのでapple payはあるけれどFeliCaがないので、今までカードの追加などはしてこなかった。
オンラインの買い物などで利用できるが、あまり広まっていない。

さて、apple watch を導入したので、apple payを本格的に使ってみるかってことにした。母艦がSEでもちゃんとwatchの方のFeliCaを取り扱える。FeliCaに対応しているのは、apple watch2 からだ。

まずはSuicaから。
母艦が7以上で既にSuicaapple payに登録していれば移動ができる。同期ではなく移動だ。どっちを使うかを選択を迫られる。
残高を共有して使ったり、どちらも定期券として使うなんてことはできない。
iPhoneSuica使うときには認証が必要で、正直面倒な行為と思っていたのだがwatchだとエクスプレスカードとして取り扱われて、何もしなくても通れるので watch 一択だと思う。
もちろん電池が切れたら使えなくなるので、やっぱり物理カード最強だという。自分はView カードのSuicaなので、定期を物理カードで使うことで結論が出ている。

ということで、Suicaをなぜ追加するかというと万が一用。
財布忘れた スマホiPhoneしか持ってない(Pixel3のFeliCaもあるので、こちらもSuicaやら色々使い始めた)時用である。
あとapple payでキャンペーンがあった時用である。

画像
Suicaをまず新しく作るところから、JR東日本Suicaアプリをインストールして、まずバーチャルカードを発行する。
画像
記名式、定期、無記名式と選べるが、記名式を選ぶ。
画像
同意しましょう
画像
はいはいわかりました。
画像
次にメールアドレスの登録だ。
自分はすでにいくつかSuicaを持っているので、使ってないメアドを使う必要がある。
画像
チャージを1000円以上要求される。

なので、この操作の前に apple pay にクレジットカードを登録しておかなくてはならない。wallet アプリでカードを追加しよう。
ちなみにリクルートプラスカードはapple payに登録できない。ヤフーカードを登録した。

画像
で戻る。apple pay にSuicaを登録する作業をする。
画像
カード追加中 1分以内で終わる。
画像
また規約
画像
設定中 1分内で終わる。
画像
エクスプレスカードに設定完了になる。
いまのところ ボタン操作も認証も必要ない このエクスプレスカードはSuicaだけである。今後iOSのバージョンが上がれば増えるかも知れない。
画像
Suicaの発行完了。五分ほどで済みました。
画像
watchアプリでも確認できて、QUICPay のカードとSuicaがウォッチ上に登録され、Suicaは残高が確認できる。
この時点でSuicaアプリは必要なくなるが、なんかの手続きで必要になるかもなのでインストールしたままにしておいた。適当