novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

Pebble time round 開封の儀、レビュー

Xperia Z5 Compact を利用し始めて、指紋認証は便利だけど、もう少しスマートな方法が良いと思い、lollipopから導入されたスマートロックを利用することに。 スマートロックは、身につけているBluetoothバイスがある場合は認証を省略してくれる機能なんだけど、身につけるデバイスを探していました。 Bluetooth LEのぶるタグというアイテムを入手したんだけど、(詳しくはこちら→ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201510/article_15.html )せっかくだからスマートウォッチを探しておりました。 そこに現れたのが、Pebble time round。Pebble は2014年に、Pebble time は2015年春に登場したんだけど、一週間電池が保つようにインクディスプレイを搭載したスマートウォッチです。 それをより商業寄りにして、今まで四角のディスプレイだったものを円形にして、電池の保ちを捨てて軽さと薄さを重視したのが、Pebble time round です。
画像
↑Pebbleホームページからのスクリーンショット 11月初旬にアメリカで発売が開始され、10月に予約していたものが届くのを楽しみに待っていたところ、突然届きました。
画像
有料の配送を頼んだので、DHLの袋。無料の配送よりも届くのが早いとのこと。税金は、1300円。手数料(ヤマトとかだと取られないのにっ)1080円かかりました。 本体は、$249.99なので約3万円、送料と税金手数料で、35000円弱ってとこでしょうか。
画像
ホワイトモデルです。ベゼルが白で、ベルトはブラウンのレザーです。 あと50$出せばメタルバンドになります。
画像
化粧箱は可愛らしく、綺麗な梱包です。 裏のテープを外して、上に持ち上げて開けます。
画像
ベルトに巻かれている部分に、充電用のケーブルが入っております。 磁石付きで、本体の裏の端子にくっつけて充電します。
画像
画像
ブランドシール、設定説明書、取り扱い説明書が付いてきます。
画像
本体には、左に1個ボタンがあり、右に3個があります。 左が主に電源ボタン、キャンセル(バック)ボタンとして機能します。 右が上下ボタンで前後の遷移と、真ん中のボタンで決定ボタンとして機能します。
画像
左のボタンで電源を入れるとペアリングしてという画面になります。
画像
Google playストア(iPhoneの場合は App Store)で Pebble timeのアプリをインストールして起動します。
画像
時計の種類選択で、Pebble time round を選択します。
画像
言語は英語をとりあえず選択しておいてください。 日本語化は別途行えます。
画像
Pebble time round が見つかると思います。 D42Bというのが個体番号で、本体の画面にも表示されています。
画像
一覧に出てこない場合は、Bluetoothをオンオフしたり、本体を左ボタン10秒長押しでオフにして再度オンにすると、一覧に出てくると思います。(私は最初ペアリングの一覧に出てこないため上記操作を実施) スマホ側でペア設定をするをタッチ(*´∀`)人(´∀`*)
画像
本体側も、右ボタンの上ボタンを押します(*´∀`)人(´∀`*)
画像
これでペアリングが完了。
画像
ファームウェアのアップデートがあります。
画像
次通知を受けるための許可画面になります。有効にしてください。
画像
警告出ますけど、必要な設定なので、OKをタッチしてください。
画像
画像
アプリのトップ画面が表示されます。 左からウォッチフェイスを変更するタブ、インストールされているアプリ一覧タブ、通知一覧のタブがあります。
画像
ウォッチフェイスはPebbleストアに数百種類のものがあるので、好みで変更してください。ものによって色を変えたり、天気を表示させるための設定などがります。
画像
インストールされているアプリ一覧では、 カレンダー、天気予報、音楽、通知、アラーム、ウォッチフェイスが初期であります。
画像
必要に応じてアプリを追加できます。英語の説明ですが、いろんな種類のアプリがあります。
画像
カレンダーは、Googleアカウントを自動で拾ってきて、通知の有効無効が可能です。
画像
天気は、現在の場所、特定の地域を検索選択可能。
画像
音楽は、右のボタンで戻る、再生(停止)、送るが可能 通知ですが、一番右のタブで、何を通知するかスマホにインストールされているアプリ毎に制御可能です。
画像
最初ほぼ全てのアプリが有効になっているので、必要な通知を有効にします。
画像
好きなウォッチフェイスにして、通知も設定して、いざ使用感を。
画像
結論から申し上げますと、自分としては少し残念なデバイスでした。 1.液晶の鮮やかさがない 2.タッチUIでないのが思った以上にストレス 3.バイブが弱い?そもそもしてない? 4.通知が漏れる時がある まず1つ目。 インクディスプレイですが、スマホのディスプレイに慣れているせいか、色が貧弱です。購入前にサンプル写真を見ていましたが、あんなに鮮やかな色は出ません。
画像
↑こんな感じのを期待したのに、、、少し残念 次2つ目。 受け取った通知は、右ボタンの上下で選択して見ることができるのですが、腕につけながらカチカチボタンを押すのが非常に煩わしく感じてしまった。アプリを選択するのも全てボタン操作のため、やっぱりスワイプしてみたい気になった。 これは購入して初めて分かる感触でした。 3つ目と4つ目。 LINEの通知を主にテストしてみたのですが、連続で送ると漏れがある。 あと振動しているの(。´・ω・)?って感じ。 別に所有してる活動量計の方は激しくバイブするのに、Pebble time round はうんともすんともいわない。 これは困った。 デザインは非常に魅力的で、薄さと大きさは魅力的なのだが、いかんせん上記の事項が不満なので、早々にドナドナすることになりました。 ▽結局Zenwatch2 に乗り換えましたの巻 http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_1.html ▽Zenwatch2 を二週間使ってみて レビュー http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_9.htmlライフログをデジタルで残すその2(UP by jawbone のログと天気をIFTTTで連携) http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201604/article_1.html ▽Pebble2、Pebble time 2、Pebble Core 2016年秋発売へ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201605/article_17.html