novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

Zenwatch2 と Google play music と アプリ達

Zenwatch2(ゼンウォッチ2) は、ASUSから2015年冬に発売された低価格スマートウォッチです。
画像
Amazon.com 輸入編↓ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_2.html ☆開封の儀、初期レビュー↓ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_1.html スマートウォッチ Android wear でできることの代表に 1.通知を振動などにより手首に伝えて確認漏れをなくす 2.心拍数や歩数、カロリーを測り活動量計と利用する 3.位置情報などを測りロギングを行う 4.スマートフォンをリモート操作する(音楽操作、カメラシャッター) 5.スマートフォンの動作を助けて、wearを利用する(wearアプリ) ・・・などがあります。 1は最も分かりやすいメリットとなりますね。 2も意識高い系の人にとっては必須となりますが、別途fitbitなどの専用活動量計と併用した方が幸せかも。 Zenwatch2には心拍測定もできませんし、3にあるように母艦のスマホもないとGPS記録できない廉価版となっています。 4はリモートカメラシャッターなども含めてリモコン利用するスタイル。 5のアプリとの相性はこちら↓(NAVITIME 乗り換え案内系) http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_8.html 今回は、そのリモコンとしての Google play music との相性をレビューします。 母艦本体に、Google play musicがインストールされていれば、Zenwatch2 にもwearアプリとして登録されます。 Androidwearは、最初wearアプリ起動が面倒だったらしいですが、 OSバージョン5.1.1になってから左スワイプですぐ呼び出せるようになったので楽ちんです。
画像
でも、おそらくGoogle play musicの起動自体は、母艦のスマホ(自分の場合は Xperia Z5 compact)で起動してから Zenwatch2で操作ってのが多いと思います。 スマホの方を起動すると、Zenwatch2の方もwearアプリが起動します。
画像
↑こんな感じに。 上にスワイプすると全画面に 曲の絵と曲名、再生・停止ボタンが現れます。
画像
さらに左にスワイプすると、送り・戻りと音量上下が可能に
画像
ここからが Google play musicの相性の良さであるわけですが、 さらに左スワイプすると、「いいね」ができます。
画像
Google play music は、基本 いいねして自分の曲目を広げるという思想(こちら参照→ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_6.html )なので、手元でいいねができるとすごく楽です。 今まではスマホで何かやっていると一端中断が必要でしたからね。 さらに左にスワイプすると 「今すぐ聞こう」「最近のプレイリスト」「ラジオ」が選べる画面へのショートカット画面になります。
画像
「今すぐ聞こう」は、I Feel LuckyのGoogleのレコメンドの選択と、すべてのプレイリストとラジオを選べます。 気分や場所に応じた選曲が選べないのが残念なところ(最近利用したものであれば表示されると思う) つまりは、最近利用したマイアクティビティが表示されます。 「最近のプレイリスト」は字のごとく最近利用したプレイリストを選択可能。 「ラジオ」は、最近利用したラジオおよびGoogleがレコメンドしてくれたラジオを選択できます。 ラジオを選択できるのはいいですね。 欲を言えば今聞いている曲からレコメンドするラジオを選曲できるといいんだけど。 ☆二週間使ってみてレビュー → http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_9.html