novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

Zenwatch2 と NAVITIME と 乗り換え案内アプリ達

Zenwatch2(ゼンウォッチ2) は、ASUSから2015年冬に発売された低価格スマートウォッチです。 ☆Amazon.com 輸入編↓ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_2.html ☆開封の儀、初期レビュー↓ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_1.html スマートウォッチ Android wear でできることの代表に 1.通知を振動などにより手首に伝えて確認漏れをなくす 2.心拍数や歩数、カロリーを測り活動量計と利用する 3.位置情報などを測りロギングを行う 4.スマートフォンをリモート操作する(音楽操作、カメラシャッター) 5.スマートフォンの動作を助けて、wearを利用する(wearアプリ) ・・・などがあります。 4のリモコンの利用の一例として ☆Google play music との相性レビューはこちら↓ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_7.html 5のスマートフォンの動作を補助するものとして、NAVITIME (ナビタイム)など乗り換えやナビゲーションアプリとの連携の具合をレビューしていきます。 自分は EZナビウォークの時からお世話になっているナビタイムヘビィユーザーなのですが、もちろん課金していて、その辺りの記事が見あたらなかったので書いてみます。 ▽ナビタイム編 母艦のスマホ(自分の場合は Xperia Z5 compact)にNAVITIMEをインストールしていれば、Zenwatch2のwearアプリに登録されます。
画像
wearアプリから起動できるのは「地点履歴」のみです。 最近トータルナビで検索した履歴を参照できます。
画像
履歴から選択と自動でトータルナビが開始されます。 それと同時にスマホの画面がトータルナビ検索結果、ナビ開始画面になります。 また、逆にスマホで操作してナビ開始をすると、 Zenwatch2側のwearアプリが起動してナビが開始されます。 今回は、スマホ側で開始した場合を追っていきます。 スマホNAVITIME起動して、行きたい地点を検索、 地図を見る→ナビ開始ボタン→(現在地測定)→ナビ開始になります。 ナビ開始になると自動でwearアプリが振動とともに起動してZenwatch2側でもナビが開始されます。 まず指示の画面
画像
左にスワイプすると、地図の画面
画像
さらに左にスワイプすると、現在ナビしている目的地への距離
画像
さらには、ナビ停止の画面が表示できます。
画像
あとは、母艦側がナビしてくれていたようにwearアプリも更新されて、 振動とともに案内がされます。 Zenwatch2はスピーカーが内緒で付いていますが、今はOSバージョンが対応していないので、音は母艦側から出ます。 でも振動が良いアクセントになってくれて、母艦だけの時より安心感があります。 ▽Yahoo!乗り換え案内編 Yahoo!乗り換え案内は、無料ですがいろいろと高機能でナビタイムと併用しています。これもwear対応していて、母艦のスマホにアプリを入れていれば、 「Myルート一覧」「画面メモ」「通勤タイマー」が利用でき、wearアプリとして登録されます。
画像
Myルート一覧は、Myルートとして登録した地点間の情報を読み出して利用します。 一覧から選択
画像
すると画面を3分割した「到着が早いルート」「乗換回数が少ないルート」「運賃が安いルート」が表示されるので選択。
画像
今の時刻で検索がされ、時間や便、最適車両などスマホと同様のルートが表示されます。
画像
左にスワイプすることで、端末に表示をタッチすることもできます。 右にスワイプしない限りは、検索した結果は残り続けるので、再度アプリを起動すれば選択したルートを閲覧可能です。 画面メモは使い方が分かりません。 スマホの方で画面メモを取れば一覧で見れるという機能だと思うのですが、スマホの方にはそのようなメニューもないし・・・。 昔は画面メモという呼び方だったんですけどね。 通勤タイマーは、事前にスマホの(分かりづらいけど)左メニューにある「通勤タイマー」の設定(右下の歯車マーク)にて
画像
最寄り駅の設定をしておくと利用することができます。
画像
▽ナビタイムに要望 ナビタイムはスマホでのナビを快適にするための補助的な使い方のみ提供されていて、Yahoo!乗換案内にあったようなルートを参照する方法がありません。 今のところは、ナビタイムの検索結果を画面上のスケジュール登録ボタンを押し スケジュールに登録して、スケジュールメモを出発時間にリマインドさせることで対応が可能です。 こんな感じでお知らせして、メモも参照できる。
画像
画像
でもwearアプリで対応して、前後の時刻表とかサって出してくれたらうれしいな。 スマホ画面はほかの情報で上書きされることがあるし、裏に隠れている場合があるので、時計にナビ情報を残して置いてササっと操作できると嬉しい( ´-ω-) ☆二週間使ってみてレビュー → http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201512/article_9.html