novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

VAIO VPCSE1AJ の SSD換装 サムスン EVO850 256GB レビュー

2011年 年末に購入した Core i7 、A4 サイズで2キロな VAIO Sシリーズであります VPCSE1AJ がそろそろハードディスクが腐ってきましたので SSD に交換・換装しようと思い立った2015年の年末。 年末の休みの間になにがいいかなぁと調査して、コスパが良さそうなコレにしました。 サムスン製の 「Samsung SSD 250GB 850 EVO ベーシックキット 2.5インチ 内蔵型 MZ-75E250B/IT 」 シーケンシャル:読み出し540MB/s なだけでなく、書き込みも 520MB/s と高速です。五年保証も付いてくるので安心。 パッケージはシンプル。内蔵ディスクの交換を目的としているため、ケーブルなどがついていません。
画像
一応メディアが付いてきますが、マイグレーションツールはダウンロードしました。
画像
軽いのに驚きました。41.5gしかありません。
画像
また厚さも7ミリと薄いです。 ▽紆余曲折の顛末 SATAをUSBにて接続できる 変換アダプタケーブル UD-500SA を利用して、ターゲットである新SSDを接続します。 ※最終的に別のハードディスクマウンタを使ったので、この変換ケーブルが悪かったのかもしれません。 クローンツールである「Samsung Data Migration」を最終的に利用しましたが、初回、不明なエラーが出てコピーができませんでした。 次に、EaseUS Partition Master Free を利用して、 起動ドライブのパーティションサイズを、小さくしました。
画像
EaseUS Partition Master Free は日本語対応していて 窓の杜 などからダウンロード可能です。 Windows上で動くソフトですが、実際のパーティションサイズ調整は、再起動してWindowsが起動する前にツールが動いてサイズを変更されます。 次にクローンを実施しました。 これも、Windows上で実行すると再起動がかかり、ツールが起動します。 しかし、ここでも不明なエラーが出て、結果うまくコピーされませんでした。リカバリパーティションだけがコピーされて、クローンしてほしいドライブは不完全な状態。 クローンは諦めリカバリを行うことにしました。 リカバリディスクは VAIO care (キーボードの上部右にあるassist ボタンで起動します)で作成できます。DVD-R で4枚でした。 リカバリディスクを作成すると今まで謎ドライブとして見ていたリカバリ領域が見えなくなります。 次に新SSDを内蔵部分に取り付け(ハードディスクの取り外しは下の別セクション参照)その作成したディスクで起動すれば、リカバリが出来ます。 リカバリが完了し、SSDから起動しましたが、 クローンを諦め切れず、変換ケーブルではなく、別のハードディスクスタンドを接続して サムスンのツールを使ったところ、うまくクローンが出来ました。(手順については、下記別セクションを参照) ▽HDDの取り外し方法 1. 電源ケーブルを抜き、裏替えしてください。
画像
手間側の二本のネジを外してカバーをとります。 2. まずバッテリーを外します。
画像
真ん中付近に、取り外しスイッチがあるので△の方向に押し込みロックを外します。
画像
3. ハードディスクを固定している四カ所のネジを取り外します。 小さいネジなので、基盤の方に入り込まないように注意してください。
画像
画像
画像
画像
4. フラットケーブルは薄いので注意して、SATAコネクタから外します。
画像
マイナスドライバーを使って取り外すと楽かも。 5. ハードディスク取り外し完了です。純正のハードディスクは東芝製でした。
画像
HDD2J54 MK3259GSXP 、容量 320GB 回転数 5,400RPM 2.5インチの厚さ九ミリほどの SATA ハードディスクです。 6. ハードディスクのマウンタのネジを4本取り外します。 マウンタとハードディスクを切り離してください。
画像
7. これで取り外し完了です。
画像
サムスンのツールを利用してクローン作成 0. Samsung Data Migration をPCへインストールしてください。 最新版は こちら→ http://www.samsung.com/global/business/semiconductor/minisite/SSD/jp/html/support/downloads.html ※2016年1月現在 バージョン3.0 がダウンロードできます。 日本語対応しています。 1. SSDをPCへ接続します。 最終的に、私は、こちらのハードディスクスタンドを使いました。 対応しているので、USB3.0 のコネクタを利用しました。 2. 私の事情として、SSDはまっさらでない状態です。 [コンピューターの管理 > ディスクの管理]を選択し新SSDを「MBR」に変更後「NTFS」にてフォーマット が必要かもしれません。 3. Windows上で「Samsung Data Migration」を起動してください。
画像
4. 旧HDDをソースに、新SSDをターゲットにしてクローン作業開始。 私の事情として、ソースのパーティションサイズがターゲットの総容量より小さくなっています。
画像
50MB/s 程度で コピーできていました。 5. 作業完了後、新SSDを旧HDDと交換してください。
画像
旧HDDに付いていたマウントを付けてください。
画像
まず、取り外し同様に、バッテリーを外して、静電気を除去して ケーブルを接続し、固定用のネジを四カ所止めてください。
画像
バッテリーを納め、蓋を閉じます。 6. 電源ケーブルをつなぎ、起動すれば、作業完了 以上 もうね、紆余曲折あって作業時間が、約10時間ほどかかってしまいました。とほほ。クローンが最初からうまく行っていましたら2時間ほどだと思います。 また、プレゼントキャンペーンをやっているので応募した 当たるといいな。 http://www.itgm.co.jp/2015wintercp/Samsung SSDめちゃ速キャンペーン」
画像