novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

Arc Touch Bluetooth Mouse を Surface Pro4用に購入

Mac book Proの新作が話題沸騰なのに Surface Pro4を今更ながら手に入れました。 2017年にはPro5が出ると思いますが、Pro4でも結構進化が頭打ちになっているので、今ほしいのと、今が底値と思い購入しました。 タイプカバーも同時に入手していて、大きめのトラックパッドがついてるので、なかなかの操作感で満足していたのですが、 (Surface Pro発売当時のタイプカバーのそれは酷かったので、期待はしていなかったのですが、Pro4用のそれはとても良い仕上がりに仕上がっています。ジェスチャーも使えますし、誤タップもないし) ちよっとした時にマウスもほしいなぁと思ってしまい、ついマウスがほしくなってしまいました。 大昔に小さなUSBマウスを購入して所有していたのですが、ホイールもついてないし、有線も邪魔くさいなぁと思い、Bluetoothマウスを探しておりました。 最終的に、Microsoft社製の Arc Touch Bluetooth Mouse にしました。薄いSurfaceに似合うマウスです。
画像
このマウスの利点は、ギミックたっぷりのその筐体です。 他のサードパーティーから似たようなマウスが出ていないか探しましたが、同じようなマウスはありませんでしたので、マイクロソフトが特許取っているんだろうと思います。
画像
本体を折り曲げられる独特な構造なのですが、電源の入り切りも、そのギミックでできるので、すごく効率が良いです。
画像
本体をポコッと折り曲げてアーチ状にすると電源がオンになり、平らにすると電源がオフになる仕組みです。 本体の強度はしっかりしているので、形状の変化はなかなかスムーズです。 ポコポコ折り曲げる感じが楽しくて、初めて触った時はつい意味もなくポキポキと折り曲げを繰り返してしまいました。 本体を平らにすると厚さがあるところで、1.5cm程度で、とても薄くなります。
画像
Incipio のスリーブケースの表ポケットにも余裕で入ります。 重さも電池込で約80グラムととても軽量です。 アーチ状にすると、手に沿ったカーブがちょうどよく、携帯性と使用時の両方良いとこ取りのマウスです。 電源は単4アルカリ電池2本を使用します。 電池は、新品なら一般的な使い方で約半年持つらしいのですが、モバイルバッテリーで充電できる機構にしてくれたら良かったのにと思っています。次製品に期待です。
画像
このマウス電源を入れると読み取りセンサーが青く光ります。 一般的なワイヤレスマウスが採用している赤色LEDやレーザーではなく、青色LEDを採用しているとのこと。 波長の短い青色LEDなので、高い精度で読み取りが可能になっているようです。 マウスパッドを使わずに、たとえばズボンの腿の上での操作や、ツルツルとしてテーブル上で操作してみましたが、カーソルが飛ぶこともなく安定して使用することができました。 後ろ側には乾電池を入れる蓋と、ペアリング用のボタンがあります。 ボタンを長押しするとペアリングモードになるので、 Windows10からだと スタートメニュー>(歯車アイコン)設定>デバイス>Bluetooth で見つかった Arc Touch Bluetooth Mouse をクリックするだけで簡単にペアリングできます。 表側本体の中央には、「タッチ ストリップ」と呼ばれるタッチセンサー方式のスクロール用パッドが搭載されています。 タッチ ストリップは領域に、上・中・下と分かれておりまして、上下に大きく指を動かしてフリックのような操作をすることで、ホイールマウスのホイールを動かしたように、画面をスクロールさせることができます。 また、上か下の部分をタップすると画面を1ページ分移動できるらしいのですが、うまくいかないことが多いので、ホイールのみしか自分は使っていません。汗。
画像
中の部分もボタンとして割り付けることができるのですが、デフォルトて、ホイールマウスのホイールを押し込んだ動作になるようです。アプリによって割当を変更できます。 アプリですが、Windowsストアにしかないので残念です。 ウインドウズストアの検索窓に、Arc Touch Bluetooth Mouse と入力して検索すると見つかります。
画像
スクロールの方向を逆にしたり、ホイール動作の時のフィードバック振動を切ることができます。 このマウス、フリックスクロールするこどにキュルキュル音ができるのですが、うるさい場合はオフにしてください。
画像
自分は最初オフにしていたのですが、結構このフィードバック振動が、本物のホイールのような錯覚を産んでくれるので最終的にオンにしています。好みですかね。 Surface はほとんど人がタイプカバーを一緒に買っていると思うのですが、タッチパッドの出来がなかなか良いのでマウスを一緒に持ち歩いていない方も多いかと思います。 でも、このArc Touch Bluetooth Mouse は携帯性も良く、折り曲げ機構によってとても手に馴染むので、ぜひ入手してほしいアイテムです。(なにこのMicrosoft信者感) https://www.microsoft.com/accessories/ja-jp/products/mice/arc-touch-bluetooth-mouse/7mp-00018
画像
関連記事 ▽Surfaceを故障修理に出して初期化&リカバリーする その1 ~その3 http://novel-99.at.webry.info/201705/article_4.html http://novel-99.at.webry.info/201705/article_5.html http://novel-99.at.webry.info/201705/article_6.htmlSurface Pro4 を底値で入手する いまさらレビュー その1 http://novel-99.at.webry.info/201611/article_5.htmlSurface Pro4 を底値で入手する いまさらレビューその2(FF14編) http://novel-99.at.webry.info/201611/article_6.htmlSurface Pro4 を底値で入手する いまさらレビュー その3(イラスト編) http://novel-99.at.webry.info/201611/article_8.htmlSurface Pro4 ぴったりのスリーブケースを購入するの巻 http://novel-99.at.webry.info/201611/article_7.htmlSurface Pro4 の替芯に無印良品の綿棒の軸は使えるかテスト http://novel-99.at.webry.info/201612/article_1.html