novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

Surfaceを故障修理に出して初期化&リカバリーする その3

Surfaceを購入して半年が経ちました。 Bluetoothテザリングが異常に遅いため修理に先週出しました。 一年保証があるためセンドバック交換が受けれます。 水曜日にマイクロソフトの保守センターに送付して、金曜日にはリファビッシュ品(修理済みの再生品)が返送されてきました。(詳しくは その1→ http://novel-99.at.webry.info/201705/article_4.html ) 返送する前にその時点のHDイメージのバックアップを標準のWindowsバックアップで取った後、初期化によりデータの削除を行いました。(詳しくは その2→ http://novel-99.at.webry.info/201705/article_5.html ) 週末に、取得してあったバックアップからリカバリーをしようとした所なかなか苦労したので、それを記しておきます。 ハードディスクのイメージを取ってあるので、再びWindowsバックアップと復元から、イメージを選択して戻せると思ったら、データのコピーしかできませんでした。 そのままでは、データは書き戻されるものの、ただのライブラリのデータだけで、プロファイルが再構成されたり、インストールしてあったソフトウェアが戻るわけではありません。 Google先生を頼りに調べたところ、専用の入り口があるようです。 スタートメニューの歯車マークからWindowsの設定を起動します。 「更新とセキュリティ」を選択して、左のメニューから「回復」を選択すると、右に「PCの起動をカスタマイズする」の「今すぐ再起動」ボタンが現れるので押します。 次の画面にて、オプションを選択が表示されるので、「トラブルシューティング」を選択します。(ここわかりづらいよ)
画像
次の画面にて、「詳細オプション」を選択します。(何のヒントもなしにたどりつける自信がない)
画像
次の画面にて、「イメージでシステムを回復」を選択します。
画像
これでWindowsが再起動して、修復モードのような状態で起動します。 ちなみにこの時点で、イメージがバックアップしてあるUSBハードディスクなんかを繋いでるとうまくモードに入ってくれませんでした。 システムイメージの選択をするわけですが、見つからないとエラーダイアログがでるので、ここでUSBハードディスクを繋ぎます。
画像
自動的にハードディスクからイメージを見つけだしてきますが、たまにうまく見つけられないときがあるので、抜き差ししたり、また普通のモードで起動して、ふりだしからやり直すと認識します。 やっとこさバックアップしたイメージが選択されたので、「次へ」ボタンを押します。
画像
次の画面で最初、「ディスクをフォーマットして再分割する」のチェックボックスは有効でグレーになり選択が出来ませんでしたので、そのまま「次へ」ボタンを押しました。 次の画面で「完了」ボタンを押すと、本当にいいか問い合わせダイアログが出てきますので、「はい」を押して、いよいよイメージが書き戻されます。
画像
・・・しばし待ちます。待っているだけだと思いました。 しかしながら、自分は書き戻しに失敗しました。 どうやら、バックアップを取った時のハードディスクのパーティションと、今のパーティション情報が異なっているために、フォーマットしてイメージを書き戻してやることができないようです。 エラーメッセージには修復ディスクで起動してくださいとありました。 修復ディスクは、デスクトップPCで作ってあったので、それを利用するために、Blu-rayドライブを接続してシャットダウンさせます。 次に、ボリュームキーの上を押しながら電源を入れて Extensible Firmware Interface (UEFI) を起動して起動順序をUSBからにするか、
画像
またはドライブから自動的に起動するために、ボリュームキーの下を押しながら電源を入れてください。 Surfaceのスプラッシュ画面がしばらく続き、Blu-rayドライブがキュルキュル音を立てているので、修復ディスクで起動できると思っているとSurfaceは普通に起動してしまいます。何度確認して、何度再起動しても、読み込んでもらえませんでした。 念のため普通に起動したSurfaceから、修復ディスクを再作成して、同じことを繰り返しましたが、それもうまく行きませんでした。 どうしようと困っていると、かつてデスクトップを7から10にバージョンアップした際に、MicrosoftのサイトからISOイメージをダウンロードして焼いたWindows10のインストールメディアがあることに気が付きました。 それをBlu-rayドライブに挿して、USBブートさせましたところ、うまく起動しました。 修復ディスクでうまく起動できずに、インストールメディアで起動出来た理由がよく分かんないですが、とりあえず進めます。 最初にキーボードのレイアウト設定などがありまして、「今すぐインストール」と真ん中に表示されますが、左下にある「コンピュータを修復する」を選択してください。 再び、オプションを選択が表示されるので、「トラブルシューティング」を選択します。 次の画面にて、「詳細オプション」を選択します。 次の画面にて、「イメージでシステムを回復」を選択し、バックアップのUSBハードディスクを接続し、システムイメージを選択します。 後は待つだけです。
画像
やっと火曜日のバックアップした環境になりました。 ソフトウェアもインストールされた状態ですし、ライブラリももちろん戻っています。 認証関係もほぼ戻っていますが、顔認証のWindows Hello はやり直しました。 (なんか反応悪かっただけかも知れません) WindowsにログインするMicrosoftアカウントは前のパスワードのままログイン出来ましたが、ログイン後One Drive への接続は再認証が求められました。 Dropbox はそのまま利用できました。 以上 なかなか骨が折れました ▽関連記事 ▽Surfaceを故障修理に出して初期化&リカバリーする その1 http://novel-99.at.webry.info/201705/article_4.htmlSurfaceを故障修理に出して初期化&リカバリーする その2 →http://novel-99.at.webry.info/201705/article_5.htmlSurface Pro4 を底値で入手する いまさらレビュー その1 http://novel-99.at.webry.info/201611/article_5.htmlSurface Pro4 を底値で入手する いまさらレビューその2(FF14編) http://novel-99.at.webry.info/201611/article_6.htmlSurface Pro4 を底値で入手する いまさらレビュー その3(イラスト編) http://novel-99.at.webry.info/201611/article_8.htmlSurface Pro4 の純正替芯を試す http://novel-99.at.webry.info/201612/article_10.htmlSurface Pro4 ぴったりのスリーブケースを購入するの巻 http://novel-99.at.webry.info/201611/article_7.html ▽Arc Touch Bluetooth Mouse を Surface Pro4用に購入 http://novel-99.at.webry.info/201612/article_2.html