novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドセット 1000Xシリーズ おでかけ体験会

ソニー から発売されたハイレゾ級ノイキャンワイヤレスBluetoothヘッドフォン(長いよッ) WI-1000X が届きまして、付属品やケーブルの使い勝手、ノイズキャンセリングの具合をレビューしました。 → 開封の儀式 http://novel-99.at.webry.info/201710/article_3.html →ノイキャンの具合など http://novel-99.at.webry.info/201710/article_4.html 主な機能こちら↓ http://www.sony.jp/headphone/products/WI-1000X/ 非常に気に入っている製品なのですが、気になるのが、他の1000Xシリーズの製品達。 同日発売でありましたのが、ヘッドバンド型 WH-1000XM2 と 左右独立型 WF-1000X ですね。ソニーストア銀座で、店内試用をしてみたのですが、店内だと正直分からないノイズキャンセルの具合。
画像
とそんな時にソニーストアからイベントのお誘いがありました。 「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドセット 1000Xシリーズ おでかけ体験会」であります。 早速申し込んだら、予約完了のメールが来まして、おや先着順なのかとラッキーと思ったのでありました。
画像
イベントの内容は、ソニーストア銀座を飛び出し、銀座界隈を1000Xシリーズを試用しながら30分ほどお散歩できるというものです。 当日あいにくの雨でしたが、なんとか予約の時間に間に合いまして、受付どこかなってWF-1000X試用コーナーに並んでメールを受付の人に見せると別の所に案内されました。
画像
おでかけまでにソニーストアの人とおしゃべり。 今回のおでかけ体験会は初の試みだということ。 今回は雨ということで有楽町駅まで地下街を通ってお散歩することを説明されました。 東京駅~有楽町~銀座は地下街が充実しているので便利ですよね。新宿並に迷うけど。 まずは、左右独立型の WF-1000X をお借りしました。
画像
もともと ネックバンドのを使っていたので、Headphones connect アプリなどをインストールしてあったので接続もスムーズ。
画像
ソースはiPhoneで、音質優先モードで、AAC接続でトライしました。 ノイズキャンセルの度合いやイコライザーなどが調整可能です。 自分は、イコライザーはボーカルが際だつBrightを利用しているので変更しました。 付け心地は首を振っても確かに落ちないけど、やっぱり不安になってしまいますね。慣れでしょうか。 左右それぞれにコントローラースイッチがありまして、右で曲の操作、左でノイキャンの有効無効を操作だったかな。 ノイキャンをオフすることで外音が聞こえますが、付けた時点でイヤーピースが密着しているので、ソニーストアの人の説明は少し聞こえづらかったです。 そのあたりは、イヤーピースを外しやすいネックバンド型のが楽ですね。 休日の銀座の地下街はすごい混雑でしたが、ザワザワした感じはノイズキャンセルである程度カットできました。 思った以上にノイキャンが効いていましたが、WI-1000Xと比べると弱めでした。 WF-1000Xですが、歩いても外れることもなく結構快適でした。 三時間しか再生できないのがもったいない。 ネックバンド型を所有している身としては、買い増すほどではないかなぁという印象。第二世代、第三世代に期待ですね。 丸井から有楽町駅に向かうエスカレーター付近で途切れがありました。 人混みはそれほどではなかったのですが、混線しやすい周波数なので、その影響かと思います。 人通りが多かった前半の地下街では全く途切れず、左右の音ズレもなかったのですが、同行の方もちょうど同じ所で途切れたと言っていたので、完璧ではないようです。 帰り道は試用品を交換できるということで、ヘッドバンド型 WH-1000XM2を試しました。
画像
すごいノイズキャンセルがすごい。 有楽町駅の電車音など圧倒的にカットできているし、耳全体を覆うので没入感が半端なかったです。 それと耳を覆う仕草をすると外音取り込みモードになるのですが、それがすごかったです。マイクで外音を拾ってくれるので、ヘッドセットを外さなくても音がくっきり聞こえました。 格好としては手で耳を押さえているので、外面が奇妙(聞こうとしているのか聞かまいとしているのかどっちやねんという)ですが、とても便利に感じました。 WH-1000XM2は他のシリーズを利用している人でも買い増しの価値がありました。冬は WH-1000XM2、夏はWI-1000XやWF-1000Xにするとかね。 そんなかんなでお出かけの会は終了しました。 店内だけでは体験できない試用はとても参考になるので、定期開催してもらった方が客が増えるんじゃないかなって思います。 以上 体験会こなみかん感想でしたー