novel99’s blog

Xperia XZ2 Compact H8324, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き 詳しくはプロフィールにて Visit my profile for more information http://novel-99.at.webry.info/profile.html

Ticwatch Pro と 無印Ticwatch の比較 無印もコスパがいいよね

Ticwatch Pro を日本のamazonで買えるようになりましたので、早速購入しました。

画像
以前 無印Ticwatch を手に入れた時もamazon経由だったわけですが、3ヶ月で水没させてしまう不運に見舞われ、今回の Pro 購入に至ったわけです。

無印とProの比較をしておこうと思います。

1)価格の差
まず値段が異なります。
無印は、18000円ほど、今Pro発売された影響で、15%オフになっているので、15000円ほどで入手可能です。
Proの方は約3万円です。倍以上しますね。無印もなかなか良いスマートウォッチなので、コスパなどを考慮して無印を選ぶのはありだと思います。

2)ボディの作りの違い
無印は無難な作りで、強化プラスティクのような感触でしたが、

画像
Proの方はガチガチの金属です。
画像
画像
無印でも傷はつかなかったのですが、アウトドアでガシガシ使っていこうって時には、Proの丈夫な素材なので安心感があります。無印は、おっ軽って思ったほど比重が少ないですが、
画像
Proの方は大きさ分の重さがある感じです。
画像
時計をしている感はでますが、できるだけ軽いもの、つけた時に邪魔にならない重さという点では無印のほうが良いと思います。
画像
画像
3)防水機能の違い
無印の方は、IP67 でまぁ普通の防水機能でした。
水深1メートルで30分防水するので、シャワー大丈夫かなぁと思って使っていたわけですが、ある時浸水してしまったことを考えると、シャワーの時は外したほうがよさそうです。シャワーの圧力で浸水した模様。
さてProの方は、防水性能が一段階上がりまして、IP68になりました。
原則密閉構造なので、理論的には浸水しないはずです。
一応メーカーは水泳での利用はやめてくださいと案内を出しています。
自分ももうシャワーの時は外そうと思っています。
ちなみにSONY SWR12 もIP68ですが、こちらはシャワーに何度もトライしていますが問題ありません。

4)CPUやスペックの違い
CPUは 無印が MediaTek MT2601 Dual-core 1.2GHz
Pro が Snapdragon Wear 2100 です。無印の方でもサクサク動いていたので、あまり関係ないとは思いますが、MTの方がSD 400の対抗で作られたことを考えると、後継の2100の方が性能が良いと思います。
描写能力的には差は感じません。しかしProの方がアンビエントモードからの復帰が目に見えて早くなっています。
メモリのサイズは同じで、512MBです。十分だと思います。

画像
液晶のインチ数が少しだけProの方が小さいですが誤差範囲です。
解像度は 400x400でこれは同じで十分です。有機ディスプレイで非常に美しいです。Proの方が贔屓目で綺麗に見えます。少し進化しているのかも。
画像
5)バッテリーのサイズの違い
Proは415mAhあり、無印の方は300台と言われていたので、少しサイズが大きくなっています。しかしながら、電池保ちの感触は同程度に感じますので、あまり気にしないでいいと思います。
心拍モニターオフ常時点灯(通常のアンビエントモードを利用)で、1日以上2日未満という電池保ちです。
Proの方は二層ディスプレイを搭載されており、モノクロ仕様の透過型のディスプレイを利用できます。
しかし表示アイテムのカスタマイズもできませんし、省エネモードにしてしまうとスマホからの通知などは受けれなくなってしまうので、ただの視野性の高いデジタル時計になってしまいます。
その間をうまくとったアンビエントモード時にこの液晶を使うというのもモードとしてあって、少し電池持ちが良くなります。
選択肢としてはありですが、配置が味気ないので、私は使わないですけど。

6)バンド幅の差
無印の方は20mm、Proの方は22mmです。付属のバンドはどちらもイージー加工してあります。
私は、付属の純正バンドは利用せずに市販のものを利用していましたが、Proで22mmになったので、Zenwatch で利用してたものを引っ張り出してきました。
どちらにせよ、市販バンドを支えるのはどちらの特徴でもあるので嬉しいですよね。夏と冬でバンドを変えたり、気分でバンドを変えたりできます。

違いというとこんな感じかなぁ。
無印 Ticwatch でも完成度という点では、かなりのものだったので、所有欲は満たされていましたが、Proの無骨な時計の感じも高級感があり、今ではお気に入りです。
コスパ重視で最低限なら無印、完成度をより求めるならProて感じでしょうか。

Ticwatch Pro 関連記事
開封の儀、ファーストレビュー
https://novel-99.at.webry.info/201808/article_29.html
▽半日使ってみて、電池保ち
https://novel-99.at.webry.info/201808/article_30.html

Ticwatch S 無印版関連記事
▽Ticwatch S がAmazonセールだったので購入レビュー(Android Wear 2台目)
http://novel-99.at.webry.info/201802/article_14.html

▽ 盤面や野外での視野性についてレビュー
http://novel-99.at.webry.info/201802/article_17.html

▽純正バンドを20mm市販バンドにする
http://novel-99.at.webry.info/201802/article_20.html

▽利用wearアプリの紹介とレビュー
http://novel-99.at.webry.info/201802/article_22.html


↓まだ検索に引っかかりにくいのでこちらから購入ください

無印はこちら↓