novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

Xperia XZ2 compact Style Cover Touch SCTH50 レビュー

何を血迷ったのか、Style Cover Touch SCTH50 を入手してみました。

画像
SCTH50 は、ソニー純正のカバーでありまして、Touch という名前があるように、手帳型でありながら画面の操作が行えるという代物です。
画像
ソニー純正なので、価格は高いものの、千円くらいのケースとは違いしっかりとした作りでした。
画像
構造としては手帳型のケースです。
画像
磁石かなにか仕込んであるようで、XZ2C に装着した時点でカバーを検知します。
画像
3つありますが素直に一番上を選びましょう。
カバーを閉じた時の動作も指定できます。
カバーを閉じた状態でも操作ができるので、カバー閉じた時の消灯はオフでも良いような気がします。
画像
後ろのカメラ周りは、フラッシュを含めてごっそり楕円にくり抜いてあります。
指紋の部分は綺麗に円です。
画像
指紋認証は若干しにくくなりますが、許容範囲内でした。素材のせいで埃が少しまとわりつく感じがあります。手から滑らない利点はありますが、ハードケース好きとしては、カバーを閉じて操作はできるのですが、少しぼやけています。
写真で分かりにくいでしょうが、じわりとぼやけている感触で、操作する分には不自由しないボケ感なのですが、なんかしっくりきません。
画像
このカバーを手放した理由の1つがここにあります。
画像
ふたたび カバーを開けた時
画像
そして閉じた時。ね少しぼやけてるでしょ?
画像
単体を撮影してみましたが、カバーの向こうにあるSONYの文字がぼやけているのがお分かりいただけますでしょうか。
画像
文字のある画面のがわかるかな。閉じた時。
画像
開けた時。
画像
この透明感にご理解がある人は、保護シートの役割もできますし良い選択だと思います。

そして覚悟しないといけないのが、厚さと重さです。
分厚くなります。XZ2 Compact 自体がそれなりに分厚いのですが、フィットするカーブした筐体なので持ちやすくなっているのですが、それがすべて破棄されます。普通の分厚いスマホになってしまいます。

あと重さ。40gプラスされます。200gオーバーになるのはやはり気になります。

あと、厚さのせいで、自分が使っていた卓上ホルダ(Xperia X用)には厚くなりすぎて、最大厚のアタッチメントでも無理でした。
ただ、XZ2 Compact 用の卓上ホルダである場合は、同梱のアタッチメント 60B を利用すれば卓上ホルダで充電が可能とのことです。
https://pur.store.sony.jp/xperia-sp/products/acc/SCTH50_product/

以上 レビューでした。
やっぱり裸運用が一番合っているようです。