novel99’s blog

Google Pixel3, iPad Pro 12.9, FF11 , FF14 ,ゆるSony信者, DROID君好き,料理好き

SONY ノイズキャンセルネックバンド型ワイヤレスヘッドフォンWI-1000XM2

IMG_0355.PNG
ソニーのノイズキャンセルワイヤレスヘッドフォンには、3種類ありまして、左右独立型にあまりメリットを感じないので、WI-1000X を利用していました。WI-1000XM2です。
それが二年ぶりにリニューアルされました。なぜかM2なのですが、他のM3シリーズ同様にチップがアップグレードされています。
MVIMG_20191102_111459.jpg
発売日は12/7なので、それを待ち望んでいるのですが、10月からソニーストアには並んでいたので、ちょっと触ってきました。

首かけタイプとなるわけですが、初代は硬く固定化したネック部分でした。今度の二代目は、柔らかいシリコン素材でできているので、くねくねと折りたたむことができます。
付属されるだろうケースも折り畳んだ状態のものを収納するようにできているようです。
わりと初代の固定タイプのものも嫌いではなかったのですが、メリットとしては、重さが20gほど軽くなりました。
MVIMG_20191102_113120.jpg
ケーブルが丸型からきしめんタイプになったので、初代にあった本体の側面にケーブルを収納する
ことはできなくなりましたが、そこがちょっと残念。そのためのきしめんタイプの平たいケーブルなのかな。絡みにくくなります。
MVIMG_20191102_113133.jpg
コントロール部分は以前は側面本体部分にあったのですが、今回はケーブルの途中にあります。本体がわの操作に慣れていたので、視聴した時に手触りが分からず苦労しました。慣れですかね。
なんとなく真ん中の再生停止と音量上下の境目が分からない感触でした。前のがやっぱり好きかも。

充電コネクタはやっとTypeCになりました。
といっても初代購入した時はまだまだ私の環境はmicroUSBの端末がいっぱいあったのですが、この2年間で切り替えをしましたので、最後のTypeC取り残され組です。あとはiPhoneや周辺機器のLightningケーブルが無くなってもらえれば、完全移行かな。

12/7に届くのが楽しみ。また音飛び具合やかけ心地のレビューをしたいと思います。
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2 : ハイレゾ対応/bluetooth / 最大10時間連続再生 / DSEE搭載 ネックバンド型 ノイキャンプロセッサーQN1搭載 ハードケース付属 2019年モデル プラチナシルバー WI-1000XM2 S
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000XM2 : ハイレゾ対応/bluetooth / 最大10時間連続再生 / DSEE搭載 ネックバンド型 ノイキャンプロセッサーQN1搭載 ハードケース付属 2019年モデル プラチナシルバー WI-1000XM2 Sソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラック
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 B : LDAC/Bluetooth/ハイレゾ 最大30時間連続再生 密閉型 マイク付 2018年モデル ブラックソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル プラチナシルバー WF-1000XM3 S
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル プラチナシルバー WF-1000XM3 S